フォト

おすすめ本

« 風邪っぴき | トップページ | 「気になる部分」 »

「あかねさす紫の花」

「あかねさす紫の花」

宝塚の舞台をテレビ放映した物の録画をお友達から貰いました。
昨日今日とベッドの上で見ました。
面白かったです~。
いぜんに別キャストでのテレビ放映は見たことがありました(轟さんの中大兄が良かったんです)が、この配役は初めて。
中大兄を春野さん、額田を大鳥れいさん、大海人を瀬奈さん。
(ニックネームで書けるほど通じゃないんですよ)
大鳥さんは生の舞台を何度も見ていますが、想像通り、華やかで生命力豊かな中に秘めた哀しさも感じられて、合っていますね。
春野さんは明るい若者役のイメージのままでしたので、堂々たるトップぶりに感動~端正で酷薄、でも理想に燃え、額田に対しては押しの一手!の強引さがまた良かったりして。
瀬名さんは優しく誠実な弟。大海人はもっと体格が良い男性のイメージですが、それは現実~ここは悲恋の人で、あくまで二番手でありながら見る者の涙をそそる純情ぶりが素敵です。
つい先日、すますまで見た時は長身の印象でしたから、この時は役作りで少年ぽくしてたんでしょうね。

蒲生野の宴の日、娘の十市が15歳になったという設定で、額田が「二人の皇子に初めて出会ったのも15歳の時~こんなに幼かったのかしら」という回想で始まります。
十市を生んで皇子達の母である女帝に見せるために宮廷に上がった日、中大兄に恋されてしまう、という展開。
子供をなしたばかりで夫を捨てるみたいで額田としてはどうなの、って感じですが~
数年にわたる展開を踊りで処理して~額田の姉は鎌足の元へというのも含め一気に三角?四角?関係の組み合わせ変更となります。

脇筋に、少女時代の額田を知っていて憧れる仏師が天智にかしずく額田を見て絶望するというのが入ります。
なんか微妙になっとくいかない…?
あ~それなりに良い役を作るためかな。
うえつかたの恋は半ば神話みたいなもので、しょせん理解を超えてるし…
彼の場合は傍で尽くしてくれる妻の良さを再認識すべき!なのね!?

当時は通い婚なので、離婚は夫が通わなくなれば成立という時代。
身分が高いともっと公然となるとは思うけど、女帝も再婚しているぐらいですからねえ…
どう考えても中大兄の強い意志には逆らえない状況だったと思うし。
といっても中大兄との間がどの程度だったかは異説有りなのよね…妃の地位にはついていないので(それが作為の可能性もあるけど)
しかも、実際には女性が2人や3人じゃなく、10人も15人も絡んだ話なんだけど…………(@@;

いかにも華麗で見て楽しい~夢のような舞台です。
アレンジされた衣装もどうせ余りよくわかっていない時代なので、豪華すぎるみたいでも気にならないし、ハイウエストで薄布をまとったあのスタイルでの踊りならではの動きも楽しめます。
何よりも額田が美しい~一目惚れされるのも必要とされるのも、十分納得のいく魅力は素晴らしいですね(^^)

« 風邪っぴき | トップページ | 「気になる部分」 »

コメント

宝塚の舞台なので、突っ込みどころは満載なのですが
この三人の関係がなかなか良いのですよ~。
茶香様にご覧になっていただけて嬉しいです。

櫻子さん、
タイムリーな録画ありがとうございました~(^^)
ベッドの上で見たのです…
3人のカップルバランス良いですよねえ。

中大兄も奪うシーン無しではいかないのをひたすら押し通す演出で、憎々しくなりかける所、ちょっと女心をくすぐる一途さと哀しさがちらっと漂ったりするあたり…さすが宝塚です!
衣装も華麗だし~何度も見るお気に入りになると思います。
大鳥さんは生き生きしてて合ってますね!

瀬名さんは額田を返してくれと言う素直さがたまりません。小説でこんな事を言うのはないですよ。兄に譲ってくれと言われて、本人次第と答えるとかさ(^^;
すますまで見たばかりなため、この若者が…ほほう~と感心してます(^^)

家にこの脚本がありました。
お読みになりまるようでしたら、写しをお送りいたします。

櫻子さん、
へええ~この脚本ですか!
それも面白そうですねえ…
古代史への興味というか額田熱?は当分醒めそうもないので、よろしくお願いしま~す(^^)

本日、普通郵便で送りました。
到着は多分週明けだと思います。
簡単に製本してみました。
かえって読みにくかったらごめんなさい。

櫻子さん、
わあ~ありがとうございます!
製本までして下さったんですか。
それはちょっと楽しみにしちゃうなあ~(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あかねさす紫の花」:

« 風邪っぴき | トップページ | 「気になる部分」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック