フォト

おすすめ本

« 「毒杯の囀り」 | トップページ | 秋のお食事 »

パティシエの競演

Vfsh4393中央のモンブランは、「パティスリー・タダシ・ヤナギ」のもの。
和栗を使った綺麗な黄色で、こっくりとした甘さ。
中身はメレンゲと生クリームで、栗の部分は多くありませんけど、この組み合わせがお洒落な感じ~満足満足。

左は赤坂の「しろたえ」という店のレアチーズケーキ。
初めて食べますが、聞き覚えあります。
サイズが小さいので、有名店にしては231円というお手頃な値段~食べてビックリ、圧縮したのか!?というような濃厚さ。分けて食べたので2センチぐらいの一口だったんですけど、それでも十分なぐらいでした。
右はル・パティシエ・タカギのサンビラーノというチョコレートムース。ここはチョコレートが有名なはず…真ん中にフランボワーズのジュレが入ってました。
美味しかった~ここはもう前々から食べに行ってみたかったお店なんです!

立川伊勢丹でスウィーツセレクトショップというコーナーがオープン、3人ずつ月替わりで競演という好企画なのです。
6種類ずつ並んだ所は華やか~甘い物好きにはたまらない光景…
ふだん出店していない店ばかりなので、迷いに迷いますね。もう目の毒ですよ!?

« 「毒杯の囀り」 | トップページ | 秋のお食事 »

コメント

「しろたえ」はなつかしいなぁ。
赤坂の会社の頃は毎日のように前を通ってましたし、よく食べていました。
当時は午後は喫茶部がいつでも満席でした。
いまでも昔ほどの混雑ではないにしろ、時間帯によっては混んでいるんじゃないかしら。
ここはレアチーズとシュークリームが有名なんですよね。
どちらもお値段がリーズナブルで正直な味がします。
当時レアチーズは200円でした。
シュークリームもやっすいんですよ~当時150円!
そのころすでに高級パティスリーでは300円ぐらいのシュークリームなんかが出ていた中で、150円という値段はお値打ち感がありました。ちょっと小さめなんですけどね。
開店当初からレアチーズとシュークリームは値段と味を変えていないっていっていましたね。
もう6,7年行っていないから最近の値段は知りませんけど、レアチーズが230円になっているってことは、シュークリームも180円ぐらいになっているのかな。
私が行っていた頃は、シュークリームは夕方にはよく売り切れになってしました。
それというのも、近隣の会社のオジサマたちがお使いものなんかでまとめ買いするからなんですけどね。
それくらい、地域に根付いているっていうことですか。
おじさんも、シュークリームなら買って間違いないと思うんだろうな。
「しろたえ」は、凝ったケーキのパティスリーが増えている中ではかなりシンプルなケーキといえるのですが、定番だけに、間違いはないともいえます。
いろんなケーキ生地の端の裁ち落としをリンゴの甘煮と一緒にパンプディングみたいにまとめたケーキとか、素朴でふつうのものがおいしいお店という印象があります。
そういえば、こういうお菓子は、最近はよそでは見ないですねぇ。おいしいのに。「しろたえ」には今もあるのかな。

しあんさん、
しろたえの前を通るとは、いい通勤ですねえ(^^)
シュークリームは確かに、会社で配るのに面倒がなくて良さそうですね!
甘い物あまり好きじゃない人でもシュークリームの一個ぐらいならいけるだろうし。

裁ち落としをまとめたケーキ?
そういえば、昔どっかで食べたことありますね…最近は見ないかなあ…
素材の良いお店のは嬉しいですよね。
嬉しい悲鳴ですけど~甘いものを食べるために運動頑張るわっ(@@;

しあんさんが書いてらっしゃるケーキいろいろ、一昔前のお菓子作りの本によくあったものですよね。
最近みかけるお菓子の本は、超自然食系もしくは手抜きアレンジ系かやたら凝ったのかという感じなのでなんだか懐かしい感じです。

「しろたえ」のケーキは小ぶりなんですよね。2つ目の会社が赤坂にあったので本社に用のときは定番のレアチーズケーキと、シブーストと、ベイクドのチーズケーキとオペラ、エクレアから3,4個買ってその日のうちに全部食べちゃってました、、、

パティスリー・タダシヤナギとル・パティシエ・タカギの焼き菓子は、気の張るおうちへのお使いものにしています。いつも名前が似てるのでごっちゃにしてしまいますが。実は、自分では一回も味わったことがありません。
おいしい生菓子は都会でなきゃ味わえませんよね。うらやましい~!!

ところで、よく売れているケーキ屋さんの生フルーツを使ったケーキの味わいは、売れてないケーキ屋さんのと違うと思いませんか? つい疑いの目で見てしまうわたしですが…

Kさん、
やはりお勤め帰りに…?(^^)
私は学生時代かなあ~そんな風に食べたのは。
一人だとねえ、一個買うのも何ですし、翌日の分もついつい~最後に残ったのは朝食がわりとか(^^;

>最近みかけるお菓子の本は、超自然食系もしくは手抜きアレンジ系かやたら凝ったのかという
超自然食系!?
あ、マクロビオティックとか?なるほど~。
手抜きアレンジ…ぷぷぷ。誰にでも作れます系かしら。
凝ったのはベテラン向け?

このコーナーは各店自慢の6種を出しているので、比較できるようにということもあってか、王道でした。
ショートケーキとチーズケーキとチョコレートは必ず。季節柄、栗を使った物、それとタルト。…うっ、チラシ見ると美味しそう~~(@@;

>marieさん、
ええ~っ、いつもおつかい物になさってるんですか!
私なんか食べたの初めてですよぉ~!
(あ、marieさんも食べてはないのね)焼き菓子はあったかな…隅にあったみたい、そういえば。

生菓子はおけないのが困りもの、でもショートケーキとか生フルーツのでなければ大抵だいじょうぶだけど。
売れてるお店と売れてないお店?そ、それは~…
最近のだと日付を替えてるんじゃないか!?って気になってしまいますね(@@;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パティシエの競演:

« 「毒杯の囀り」 | トップページ | 秋のお食事 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック