フォト

おすすめ本

« ハーブの効用 | トップページ | ぶどうは豊作 »

「4teen」

石田衣良「4teen」新潮社

直木賞受賞作なんですね(忘れてました)
東京の下町、月島で育った14歳(中学2年生)の男子4人組の話。
お金持ちの子だけど病身のナオト、とにかく身体のデカいダイ、小柄だけど頭の良いジュン、一番平凡だけど本好きのテツロー。
個性的な面々がさりげなく生き生きと描かれています。全然違うせいか、かなり仲は良いんですね。自転車で新宿に行って野宿するあたり、面白かったです。

14歳ってこんな?とびっくりするぐらいに頭の中はエロいことでいっぱい~この辺は中学2年の女の子とは違うので、自分の思い出とは全然重ならない。といってもまだ実行面では大したことはないのが微笑ましい。
中学生が読んでも良いでしょうね。
自分には出来ない冒険をしている様子を覗いてみたりしてね。

精神的には普通より大人っぽいような気もするが…ナオトの早老症という病気、ダイの父の家庭内暴力など、深刻な問題を抱えているからでしょうか。
その辺を避けて通らない鋭さと、理想を込めつつもそれでもまあかなり、嘘くさくならずに、さわやかにまとめているあたりが~なかなか評価出来ます。

« ハーブの効用 | トップページ | ぶどうは豊作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「4teen」:

« ハーブの効用 | トップページ | ぶどうは豊作 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック