フォト

おすすめ本

« 中華のおかゆセット | トップページ | 洗顔・マッサージあれこれ »

「最後の晩餐の作り方」

ジョン・ランチェスター「最後の晩餐の作り方」新潮社

グルメで博識な主人公タークィンの一人語りが途方もなく饒舌。
南仏プロヴァンスの邸宅でワインを傾けながら、余裕たっぷりに脱線します。
インタビューに答えて、究極の料理について楽しく語る本なのかと思っていると、子供時代の思い出などが案外濃くて、所々に妙な描写が…
主人公の身近で亡くなる人が多すぎるんですよ。
彫刻家だった兄を愚兄と呼ぶのも、古風な謙遜かと思われたのが実は~コンプレックスがしだいに変じて…?

文体は古風なので、昔の物を読み慣れている人には懐かしいような…
舞台は現代ですけどね。
書き方は時々吹き出してしまうような内容~パブリックスクールのひどい食事とか…(@@;
日本の食べ物なども出てきます。醤油は褒めてあったけど、みそ汁はものすごいスープと書かれてるのがそうなんでしょうね!?
実はけっこうブラックな味わい~一行読み落とすとわからなくなるかも。ある意味ではミステリ?

作者は主人公と同じく、英国籍なのでしょうが、世界中を回った経歴の持ち主。
あちらでは賞をたくさん獲っていますが、これがデビュー作のせいか、賞に冠してある名前が聞いたことないのばかり…まあ、こちらでも直木賞の直木三十五なんて知らないけどね?
2001年新潮クレスト・ブックスで発行の本、2006年に文庫になりました。
新潮クレストブックスは外れ無しでなかなか凄いラインナップ、とはいえ全部は文庫にはならないので、中でも売れた方ってことですね。

« 中華のおかゆセット | トップページ | 洗顔・マッサージあれこれ »

コメント

これ、文庫になったんですね。わたしはクレストブックスの方で読みました。
ほんとに、あのラインナップはほとんどハズレがないですね。
編集者の目が良いんでしょう。
さっき、新潮社のページで確認してみたら、私、結構読んでるなぁ。
アリステア・マクラウドとか、すごく好きでした。
この本はどうかなぁ、かなり好き嫌いが分かれるんではないかしら。
わたしはこういう皮肉っぽい笑いが嫌いではないので、楽しく読みましたが。
それに食べ物のウンチクのところはへぇ~っていうのが多くて、やっぱり面白いですよね。
一応ミステリっぽくはありますが、それよりは主人公の性格描写の方を書きたかったのかな。
ミステリの結末部分をおいても、かなり性格悪いですよね(笑)

しあんさん、
最近読んだ「サフラン・キッチン」や「大統領の最後の恋」がクレストブックスなんですよ。他に図書館にリクエストしてあるのもあって。
マクラウドは一冊しか読んでないけど、渋い~でも輝きを放つ感じ。
これは編集者の目ですよね~他のも読んでいくのが楽しみ(^^)

この本は最初のうち、夜寝る前に読んでいたので、こいつ何者?って感じで、何の話だっけと思いつつ~細かい所が面白いので読み進みました。
いわゆる謎解き推理小説ではないけど、変形のミステリといった趣がありますね。
翻訳物に慣れていないと、読みやすくはないですけどね~(@@;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「最後の晩餐の作り方」:

« 中華のおかゆセット | トップページ | 洗顔・マッサージあれこれ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック