フォト

おすすめ本

« 「憑かれた鏡」 | トップページ | 「最後のウィネベーゴ」 »

「13歳のハローワーク」

村上龍「13歳のハローワーク」幻冬舎

なかなか良い仕事していると思います。
どんなことが好きな子供はそれをどんな方向へ生かせそうか、職業の紹介が大量に載っています。
その仕事に就くには何が必要か、ものすごく大変かどうかといったピンポイントの評が面白い。
特に好きなことがない子や、妙な物が好きな子へのアドヴァイスも新味があってなかなか有効なのでは。
小説家とは最後になるもので、最初から目指さない方が良いというあたりも、さすがの説得力。
画家というのは、自分が描きたくて描かずにいられないのなら、誰も認めなくても画家だそうです。

好きなことを生かして満足感を得るという方向なので、我慢して地道に暮らすとか、嫌なことをしてその分お金を貰うものだ、という視点はやや弱いかも。
どっちにしても辛いことはあるのだから、好きなことで辛い思いをした方が良いと書いてありますが。
…趣味だけにしておいた方が良い、という物もあるし…
それはもっと先に考えることでしょうか?

確かに~中学生ぐらいで、こういう本、読みたかったよな…
いや、19歳ぐらいでも良いな。
仕事についての本は当時何か読んだとは思うのですが…
今思うとスッゴイ極楽とんぼ!?まあ個人的な事情は多々あって、それは現在もそうですが(爆)
これだけ世の中にはたくさんの仕事があるのに、自分に出来るかも知れない物はごく僅か。ほとんどが縁もゆかりもないハナも引っかけて貰えない感じ。
そりゃ年齢的には可能性が閉ざされていても当然なのかも知れませんけど~13歳でも20歳でもそう広くはなかったよな…
…イラストレーターに画家に小説家に人形作家って~あなたね。(いえ自分に)もしかしてばかなんじゃ…
今やほとんど終わってる現実…頭が痛い~!?

« 「憑かれた鏡」 | トップページ | 「最後のウィネベーゴ」 »

コメント

これは出たとたんに買って、家においてありますが、誰かの役にたつかどうかは、まだわからないみたいです。(笑)やっぱり目先の課題に追われてしまうようで。そうこうするうちに『シールド(盾)』が同じ作者とイラストレータの組合せで出ました。私は未読ですが、長女があらすじを話してくれました。一読しただけでもかなり印象深かったようです。村上さんのメルマガJMMも相変わらず続いているし(毎回読むことはもうできませんが)一方で子供に向けてのこういう仕事をされていて面白いと思います。

ソーケさん、
13歳ならピンと来るというものでもないでしょうかね?
一気に読むには情報てんこもりかも。
世の中を眺める視点として面白いです~その辺ちょっと興味のある作家氏。
物理的に本が重たいので~家に置いて気になることがあったら時々めくってみるのが良いのかな。

私は図書館で借りたので、読みとばす部分がちょっともったいない。職業案内という点では今さら全部読む必要はないんだけど…手遅れ感が~(^^;

あ、「シールド」ってこの人の絵なんだ、気づいてなかったわ。読んでみましょう(^^)

私は馬鹿なので、生まれ変わったら次はこれやりたい、とか考えることがあります。
前提からいろいろ間違ってますが、当座、次も女に生まれたらシザーシスターズのねーちゃんやってみたいと思うあたり、やっぱり真性の馬鹿です。

しゃちょ様、
シザーシスターズのねえちゃんですか!(^^)
えっと、生まれ変わりという概念が…
彼女が好きなのが基本~?
いけてる男共を従えるのがポイント?(^^)

生まれ変わったらヴィスコンティ映画の衣装係も良いなと考えたことが。
タイムトラベル?しかもパラレルワールドへ行かなきゃ??(@@;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「13歳のハローワーク」:

« 「憑かれた鏡」 | トップページ | 「最後のウィネベーゴ」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック