フォト

おすすめ本

« 小雨に濡れる花たち | トップページ | ロールケーキとチョコシフォン »

「漢方小説」

中島たい子「漢方小説」集英社

31歳のヒロインは原因不明の体調不良に見舞われ、医者を点々とすることになります。
玄関でけいれんを起こし、ひっくり返って救急車を待つシーンから始まり、かなり爆笑な展開。
ストレスの原因は明らかで、昔の恋人の結婚を知った時に始まり、仕事が上手くいかなかった時に再発…
主人公も次第にそれを認めざるを得なくなるわけです。
実感溢れる描写でほどほどにシリアス~ほどほどに前向き、等身大の主人公に好感が持てます。
劇団関係のいつもの仲間達との関わりも浅からず重からず。

救いとなった漢方治療の考え方も面白い~対症療法ではなく、体質的にどう傾きやすいかを見極めていくんですね。
親しみやすくて有能でしかも若くてハンサム?こんな漢方医さんがいたらいいですね!
漢方医に行きたくなりますねえ。本格的な所でないとダメなのかしら?

「病気体験」というカテゴリーを先日増やしたばかりなんですが、自分のことをたまに書こうかなというつもりでした。 そしたら、この本の内容にはピッタリなんで~(苦笑)
丸ごと事実ってワケじゃないんでしょうけどね。

« 小雨に濡れる花たち | トップページ | ロールケーキとチョコシフォン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「漢方小説」:

« 小雨に濡れる花たち | トップページ | ロールケーキとチョコシフォン »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック