フォト

おすすめ本

« 初夏の和菓子 | トップページ | いずれアヤメかカキツバタ? »

「ゆめつげ」

畠中恵「ゆめつげ」集英社

「しゃばけ」のシリーズで人気の作者の別作品。
江戸が舞台で、ちょっとひ弱な主人公の、和風ファンタジーテイストなので~しゃばけファンにも面白いと思います。
妖怪は出てきませんが。

幕末という設定で、小さな神社の跡取り息子・弓月が主人公。
家に伝わる夢告(ゆめつげ)という占いの能力があるのですが、これがあまり実効がない…しっかり者の弟に叱られながら暮らす毎日。
格式ある大きな神社の依頼で、行方知れずの子供を捜すことを頼まれ、自信はないものの、屋根の修理費のために引き受けます。神社といっても、色々あるんですね~。
のっけから辻斬りに遭遇し、大店の跡継ぎ騒動から事件は思わぬ方向へ…

幕末の揺れ動く世相がこんな風に関わってくるとはね…
江戸時代は神仏混合で、神社にはお寺が付属し、誰しもどこかのお寺の檀家になっているという日本独特の体制になっていました。
ところが事情はだいぶ変わってくるわけです…ほとんど忘れてましたが、当時は大事件に違いありません。
登場人物は個性的で、なかなか面白かったですよ。
ややこしい時期の設定なので長いシリーズは難しいのかも知れませんが、続編ぐらいは書いて欲しい所です。

« 初夏の和菓子 | トップページ | いずれアヤメかカキツバタ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/15430547

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆめつげ」:

« 初夏の和菓子 | トップページ | いずれアヤメかカキツバタ? »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック