フォト

おすすめ本

« うさぎのパン | トップページ | イースターのパン »

「シャルビューク夫人の肖像」

ジェフリー・フォード「シャルビューク夫人の肖像」ランダムハウス講談社

19世紀末のニューヨークを舞台に、肖像画家として成功した男の巻き込まれた奇妙な事件と画家としての転機を描きます。
シャルビューク夫人からの依頼は、屏風の陰にいて決して姿を見せない夫人の話だけを聞いて彼女の絵を描き、出来上がって似ていれば約束以上の高額を払うというもの。
画家ピアンボはこの挑戦に心動き、その報酬があれば更に芸術を追究する余裕が出来ると考えますが、謎めいた夫人に次第に取り憑かれたようになります。
一方では、周りに奇妙な事件が相次いで起こり…
なんとも奇怪な出来事のおそろしく緻密な描写に、唸らされます。
夫人の不思議な半生の語りには、画家ならずとも魅せられるでしょう。

作者は、1998年、世界幻想文学大賞ベストノベルを受賞した作家。
この作品でも、毎年数作選ばれるノベル賞を2003年に受賞しています。
あちこちの評を見た限りでは、この作品が一番面白そう!?
設定からするとファンタジーに属するのでしょうが、内容的には歴史ミステリという雰囲気。
中身がすごく濃いわりに切れの良い読みやすい文章で、時代色も出ていて面白かったです。
シャーロック・ホームズや印象派などの絵が好きな方、切り裂きジャックやジキルとハイドといったものに興味がある方にもオススメ。

« うさぎのパン | トップページ | イースターのパン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/14579722

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャルビューク夫人の肖像」:

« うさぎのパン | トップページ | イースターのパン »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック