フォト

おすすめ本

« チェリーとカシスのケーキ | トップページ | コロッケ・サンド »

「葉桜の季節に君を想うということ」

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」文藝春秋

ちょうど季節柄には合うタイトルですね。
このミスの過去のリストを見て読んだ本です。2003年の国内1位かな。
若い時に探偵に憧れて家出した後々、今では何でも屋になっている主人公が悪徳商法をやっている会社の内偵に入り…!?
サイテーな男のつぶやきから始まり、何やら青春物のようなロマンチックなタイトルとは予想外の展開で、これは読者が期待する物とは違いすぎるのでは?と思いながら読みました。

…あはは、そういうことだったの!?
ちょっと引っかけがあって、どんでん返しになるんです。
ただこれは~ちょっと無理があり、納得いかない点もあります。こんな話し方はしないんじゃないかなあとか、お金は貰えないでしょうとか…
でも構成がかなり頑張っているのと、笑えるからまあ許せるかな。
それなりの熱っぽさと志は買えます。

« チェリーとカシスのケーキ | トップページ | コロッケ・サンド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「葉桜の季節に君を想うということ」:

« チェリーとカシスのケーキ | トップページ | コロッケ・サンド »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック