フォト

おすすめ本

« このミス2007年 | トップページ | かつサンドで一息 »

「きもの入門」

「きもの入門」世界文化社

好評なので読んでみました。
確かに基本が全て抑えてあります。目的によってコース別に分けてあり、ページ毎に分けた実例も具体的でわかりやすいです。
着物の本を一冊だけ買うならこれが良いかも。
「きものサロン」を出している出版社なので、さりげなく美人女優のここ一番の写真が入っていて綺麗だし。
帯の種類や染めと織りの区別など、どの本よりも詳しい。
友禅染めは宮崎友禅斉という人が作ったって初めて知りました。

袋帯、名古屋帯、袋名古屋帯という呼び方は、成立順ということなのである意味わかりやすい…でも袋名古屋帯という名称は混乱の元なのでホントは廃止して欲しいと思ってますよ、私はね。
ここでの名古屋帯は九寸名古屋のことで、袋名古屋帯は八寸名古屋のこと。九寸八寸というのは帯の幅。といっても仕上がりは同じ幅(八寸)になるので、一寸の違いは縫い代にあります。
九寸の方は芯を入れて縫い合わせてあり、この方が格が高いんですね。
八寸の方は出来上がりのサイズに織り上げた物をかがってあるだけなので縫い込み分がなく、その分、もとの布の幅が短いの。かがり帯とも言います。その方がわかりやすいんじゃないかな~。

全くの初心者にはここまで必要ないかも知れませんけど~着物事典として折にふれてチェックし直す役にも立ちそうです。
アンティークきものの着こなし方などもあって、面白いですよ。

« このミス2007年 | トップページ | かつサンドで一息 »

コメント

よさそうです!
大した知識もないくせに、着物の本は今更と思っていた私にピッタリかも。
今度本屋に行ったら探してみます。

櫻子さん、
あ、お気に入りそう?
これはなかなか詳しくて、良いですよ~(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「きもの入門」:

« このミス2007年 | トップページ | かつサンドで一息 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック