フォト

おすすめ本

« おにぎり弁当でお花見 | トップページ | 春のかき揚げうどん »

「ベラスケスの十字の謎」

エリアセル・カンシーノ「ベラスケスの十字の謎」徳間書店

児童文学ということですが、大人でも十分読めます。
17世紀、イタリアの少年ニコラスはスペインの宮廷に召し抱えられることになります。
故国へは戻れないと知って最初はふさぎ込むニコラスでしたが、複雑な宮廷生活にもだんだんとなじんでいきます。
時はフェリペ4世の時代、大画家ベラスケスが描こうとしていた大作「ラス・メニーナス(侍女達)」のモデルの一人に加えられることになったニコラス。
ベラスケスの信任を得て宮廷では安泰と羨ましがられますが、謎の人物ネルバルと画家の関わりに踏み込むことになり‥

「ラス・メニーナス」という絵は侍女達に囲まれた可愛らしい王女が印象的なのですが、そういえば変わった構図で謎めいた絵なんですね‥国王夫妻は小さな鏡に映ったぼやけた姿でしか描かれていなくて、顔のハッキリしない謎の人物もいるんです。
その辺を生かしたファンタジックな秘話となっていて、いつまでも余韻が残り、独特な読後感になりました。
スペインの児童文学という変わったシリーズ。10歳以下ではわかりにくいと思う内容です。大人向きだったらもっと書き込んであるのでしょうけど、あっさりめの所が案外感じが良いかも?

Kさんにお借りした本です。素敵な本をありがとうございました~。読んだのはけっこう前です~1月だったかも。アップがすっかり遅れてしまいました~。

« おにぎり弁当でお花見 | トップページ | 春のかき揚げうどん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ベラスケスの十字の謎」:

« おにぎり弁当でお花見 | トップページ | 春のかき揚げうどん »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック