フォト

おすすめ本

« 「蜘蛛の巣」 | トップページ | ぶり大根に奮闘 »

海外ドラマ「牧師館の殺人」

クリスティ原作のドラマを引き続き見ております。
これはかなり話をハッキリ覚えていました。
ミス・マープルの家がとても可愛らしくて素敵!
夏の話なので~そうそう、お花がいっぱい咲き乱れていて、庭の手入れをしていると、低い生け垣から全てを見渡せるのよね~!
セント・メアリー・ミード村全体が綺麗で、言ってみればターシャ・チューダー風。モデルとされている村よりも色彩豊かでした。

横柄なプロズロウ大佐はカドフェル役者のデレク・ジャコビ。
牧師の奥さんのグリゼルダや大佐の娘のレティスが華やかで、脇役の大人の女性達も個性豊かで愉快。
見た顔の女優さんの名前がわからないのが歯がゆい…ラストの配役の名前、吹き替えだからって声優さんだけって~ひどくない?
原作では確かグリゼルダが金髪で、レティスはもっとスッキリした現代的(当時としては)なイメージだったけど。バービーみたいなファッションが可愛いので、楽しかったわ~。

ミス・マープルを最初は侮った警部が後ろ姿を見送りつつ「チョコレートを送ろうか、ひっかけて転ばせようか迷う」というのがおかしく、耳も遠くないマープルがすかさず「チョコレートにしてね」と言いながら去っていくのね。
マープルの若き日の恋が出てきましたが…あれは原作にはあそこまでは描かれていないと思います~たぶん。
セピア色の映像で出てきた若い女優さんがマープルに似ていたのが微笑ましいけれど、微妙~に可愛すぎる気も!?

« 「蜘蛛の巣」 | トップページ | ぶり大根に奮闘 »

コメント

「牧師館の殺人」は初期の作品ですから、登場人物がワイワイガヤガヤ楽しいですね。グリゼルダって、すごい美人なのに牧師と結婚したんじゃなかったですか?
ターシャ・チューダー風の村いいですね!
彼女はガーデナーの間ですごい人気みたいです。あんな広い庭をどうやって世話するのであろうか? ミス・マープルものには、けっこうお庭にお花を植える話やハーブの話が出てきますね。

marieさん、
ミスマープルは園芸好きなんですよね~庭仕事をしながら近所を観察し、そういう知識が推理に一役買う場合も(^^)

グリゼルダはそうなんです~牧師さんと年も離れていて、何であんな派手な若い女性と結婚したんだと村の人に言われているの。
でも幸せそうに見えましたよ(^^)

ターシャ・チューダーはつい最近も番組で見ましたが、すごいですよね!
何十年もかけてあそこまでにしたということなので、ちょっと納得…それにしても家族の協力無しでは無理でしょうね~(@@;

お楽しみいただいているようで嬉しいです。

脇役の女優さんのお名前は、英語でよければ下記のページでわかります。

http://www.imdb.com/name/nm0568603/

ここから各作品のところをクリックすると、詳細なデータが出てきます。

由比さん、
ありがとうございます~!
このシリーズ、出来が良いですね!
とっても楽しいですよ~(^^)

「牧師館の殺人」のグリゼルダ役はどっかで見たと思ったら、やはりクリスティのドラマ化「五匹の子豚」にも出ているとわかりました!
「予告殺人」のミス・ブラックロックは昔シェイクスピア劇場のリチャード3世で奥さんのアンをやった人じゃないかなと思ってたら、確かめられました!
ゾウイ・ワナメイカーていうのかな。
ハリー・ポッターにも出てるんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外ドラマ「牧師館の殺人」:

« 「蜘蛛の巣」 | トップページ | ぶり大根に奮闘 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック