フォト

おすすめ本

« 「わたしの名は紅」 | トップページ | 「アイルランド幻想」 »

大寒の日の飲み物

バイクでやって来た従妹がとても寒そうな顔をしていたので~まず、しょうが湯を出しました。
風邪をひきかけた時に愛用している物です。

お昼の紅茶はウィタードのインディアン・スパイス・ティー。ミルクで煮出したいわゆるチャイの感じですね。風邪をひいてしまった時にも飲みます。
作り方は、小鍋に水をカップ2杯入れて、煮立ったら紅茶を小さじ山盛り3杯ぐらい入れる。
1~2分煮立てた後、牛乳を2カップ入れて、今度は沸騰する前に火を止める。
蓋をして3分蒸らす。
というもの~私は量を1.5倍にし、移したポットに小さじ3杯ぐらい、きび砂糖を入れて混ぜました。
これだと1杯ずつ出した後ちょっと残るので、同じ紅茶のティーバッグを2つ入れて熱いお湯を足しました。2杯目はミルクと甘さは控えめのお代わりになりました。

夕方のお茶は、はと麦茶に紅茶と生姜のすったのを少量足して。
暖冬の今年にしては珍しく、本当に寒いので~温まるお茶にしました。
ちょっと指が痛いので写真は撮れませんでしたが、メモしておきます~。

« 「わたしの名は紅」 | トップページ | 「アイルランド幻想」 »

コメント

太平洋側は、雪が積もらないかわりに風が冷たいなんて言いますが、こちらは暖冬でもうびっくりするほどの陽気です! 1月に積雪がないなんて、北陸じゃあり得ないことなんですよ~ 北極の氷がどんどん減っているという不気味なニュースを見ましたが、おかげで、こちらは毎日がらくちん~

風邪をひいたときには、わたしもミルクティーをうんと熱くして、飲みます。それにブランデーとかちょこっと。きび砂糖って、お菓子作りの本で見かけて何だろうと思っていたのですが、さすがはsanaさん、お使いなんですね。

>marieさん、
暖かいのは助かりますね(^^)
こちらも暖冬ですが~積雪はあっても2回ぐらいが普通で、全然なくてもおかしくはないですね。
去年から雨がちの日は増えているし… 日本海側と太平洋側の天気が意外と近づいているのかしら?

>ミルクティー
やっぱり~風邪の時にはあったまりますよね!
紅茶にお酒を入れるのはいぜん夜中に仕事をする時によくやってましたが…
あったまるし~美味しいけど!飲む時間が遅いとむくむので危険です(@@;

>きび砂糖
実は~たしかsmashさんの所で見かけてお菓子に使おうと買ったのですが、全然作れなくて。いつの間にか親が勝手に台所の砂糖壺に移してたの。
これが自然な甘みでなかなか使えるんですよ~(^^)

きび砂糖、わたしも昔お菓子作りにはまっていた時期に使っていました。
上白糖と違ってコクがあるので焼きっぱなしタイプのお菓子には欠かせません。
上白糖と材料は同じなのに、味が全然違いますよね。
フランスなんかのお菓子のレシピにはよくカソナード(赤砂糖)が出てきますけど、日本で買うと高いので、きび砂糖や黒砂糖、なんかも混ぜて使っていました。
人に勧められた洗双糖(せんそうとう)や、いただき物のてんさい糖も使ったことあります。
ちなみに、ずっと前にお菓子の先生に聞いたところでは、お菓子のレシピ本によくグラニュー糖が使われているのは、あちらには上白糖がないからなんだそうです。
要するに精製した砂糖を使うということなので、レシピを日本に持ってくるときにグラニュー糖にしただけだから、日本で作るなら上白糖で良いんですよ、とのことでした。
実際、グラニュー糖をバターとすり混ぜているとき、こんなにジャリジャリで大丈夫なのかなぁとずっと思っていたので、このことを聞いてからは水分が多少あってもいい物は上白糖にしました。
混ぜやすくて扱いやすいし、なにより安いし。
焼き上がりの水分を気にするものを作るときには粉末になっているグラニュー糖を使っていましたが、普通のよりずいぶん高いんですよね。
あ、そうそう、グラニュー糖って、水分が一番少ないので、同じ目方なら、お砂糖の中でカロリーが一番大きいそうですよ。
なんか、これ聞いたらほんとにグラニュー糖使えなくなりますね(笑)
もっとも、甘さも一番強いのでしょうから、使う量を減らせばいいってことですかね。

お砂糖って、いろんな種類があるので、何をどのくらい混ぜるかで味が違って面白いです。
お砂糖をどのくらいまで蜂蜜やシロップ系に代えられるかとか、いろいろ試してみた時期もあります。気に入った配合はいまでもメモを取ってありますが、今度作るのはいつになることやら。

>しあんさん、
こんばんは~(^^)
グラニュー糖って、そういえば最近は使ってませんねえ… お菓子作りを始めた頃には、確かに~お客様用に作るケーキのシロップなんかに使っていました。本に載ってたから。だんだん上白糖で済ませるようになりましたね~高いから!(^^;

きび砂糖って風味があって美味しいですよね?この味にはまってます。
ちょうどピッタリのに使うと楽しい~(^^)失敗するほど癖はないし…黒砂糖は希にですが合わないこともありました。

>人に勧められた洗双糖(せんそうとう)や、いただき物のてんさい糖も使ったことあります。
それは使ったことないです~。何に使うんですか?

ちなみに、ただいまsmashさんの所ではフォンダンを使ってボンボン作りに入っておられるようです~す、すごいっ!よだれが…(@@;
http://blog2.fc2.com/smash/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大寒の日の飲み物:

« 「わたしの名は紅」 | トップページ | 「アイルランド幻想」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック