フォト

おすすめ本

« お正月料理 | トップページ | お正月の着物 »

お正月の花

今年は生け花というよりも壁際の飾りという雰囲気で。
Vfsh2905_1リビングに壺を置いてある場所は暗いので~金を使って華やかに。
水切りした後は出来るだけカットしないで、手も加えずに挿すだけという方式で通しました(痛みのある腕をいたわるため…)
上に見えるのは扇子の前に招き猫という縁起物~ご愛敬です。
いやぜひとも運は招いて欲しい!という願望の表れかな?

Vfsh2910玄関に生けたのは並列型という形を応用して。
お客は身内だけだし、長く生けたままにしておくので、カジュアルな雰囲気で。あまりお正月らしくないと親には言われましたけどね。お正月の後しばらくはちょっと静かな時期が来るものなので。
今年のテーマは「自然体」かな~。

« お正月料理 | トップページ | お正月の着物 »

コメント

今年は私も久し振りにお花を生けました。
というか生けさせられました。
ぢみ~~~~に3種生けで。
母がシンプルなものが好きな人なので、お正月用の色々花材が入ったセットを買っても使わないんですよ。
なので、お花を買ってきて、と頼まれた私は
最初から松と千両と菊しか買ってこなかったという(笑)。
そうして生け始めた母は途中で何か煮物の世話で台所へ行きがてら、「この先やっといて」
と、真ん中に松を立てて菊を手前に持ってきたところで居なくなってしまい、
わたしが久々に生ける羽目になったという具合。
ものすごく久々なので、感覚が鈍っていて、葉の落とし方がいまいち決めきれなかった。
千両を挿して、右から出るようにためた松を後ろに挿して
母が先に挿した菊の長さを整えて、という感じで、今年は合作3種生けでした。
出来は・・・うーーーん、まぁまぁかな。

>しあんさん、
合作は良かったですねえ(^^)
松と菊を立てただけって…(^^;
松と菊と千両は定番ですよね!
一番、気分が出ると思います。
子供の頃、母が生け花を習っていたのに憧れて、私が後で習い始めた頃には母はもうすっかり私任せ。でも、文句だけは言うという~(^^;

私は20年もきっちり生けてたんで~洋花もやりましたが、松と千両は必須ですね。
最近は簡略化してますけど、他のお正月飾りはさらに省略することが多いので、松を生けるだけは生けてます(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/13307396

この記事へのトラックバック一覧です: お正月の花:

« お正月料理 | トップページ | お正月の着物 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック