フォト

おすすめ本

« 「アイルランド幻想」 | トップページ | アントワネット風スイーツ »

「ぼくは勉強ができない」

山田詠美「ぼくは勉強ができない」新潮文庫

久しぶりに読んだ山田詠美のこれは、快作でした。
文章も一番読みやすく一般向きな気がします~私が読んだ中ではですが。

勉強はできないけどクラスで友達には人気がある17歳の高校生、時田秀美。
お洒落で派手な母親と粋なおじいちゃんは恋愛現役。
年上の恋人、桃子さんはショット・バーに勤めるバーテンというカッコ良さ。
ガリ勉の同級生には睨まれ、学校に一抹の疑問は感じているが、教師の一人とは友達づきあいをしているし、自分なりの価値観がハッキリしていて、余裕で生活をエンジョイしています。

最初の方でガリ勉に仕掛ける罠がちょっと意地悪なので、いかがなものかという感じ。
だんだん彼なりの筋が自覚されてくると、それもありかなとトータルでほぼ納得。
高校という限定された空間で、魅力的な人に囲まれているからこそのカッコ良さかな…という所があるのですよね、大人の目には。
この後どう成長するのかが問題よ~そのへんは作者も大人だから目配りきいてます。

桃子さんが昔の恋人と再会して一夜を共にしたことを知って大ショック、一度限りのことと言われても悩んで会えなくなるあたりが一番可愛かったかな。
恋人といえども高校生じゃあねえ…
そういうこともある大人の恋愛に口出しは出来ないでしょう!?
大いに悩め青少年!

中高校生が読んだら、秀美の個性や意志の強さに憧れるのかな?
勉強出来る環境ってラッキーなんだって知って欲しいな。
現実は色々とキビしかったですけどねえ~。
高校生活は短いけど、何かキラキラして見える…
それぐらい遠くなっちゃったかなあとも思いつつ、好感度は高かったです。

« 「アイルランド幻想」 | トップページ | アントワネット風スイーツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼくは勉強ができない」:

« 「アイルランド幻想」 | トップページ | アントワネット風スイーツ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック