フォト

おすすめ本

« ミニサンドでランチ | トップページ | 萩より、おはぎ? »

「黄金」

ディック・フランシス「黄金」ハヤカワ文庫

フランシスの作品の中でも、お気に入りの一冊。
フランシスには珍しく、大家族の中の殺人という古典的ミステリを思わせる設定になっていて、円熟した味わい。
この家族がまた~強烈な面々で面白いのです。

父のマルカムは大金持ちで5回も結婚しているという、見るからにエネルギッシュで人を惹きつけるオーラのある初老の男性。
主人公のイアンはアマチュア騎手で、気楽な独身生活を楽しむ物静かな32歳。
2番目の妻の息子で、離婚後もずっと父の家に住んだただ一人の子だったために他の家族からは嫉妬されることになります。
4番目の妻が良い人だったので、10代を共に暮らした彼女が真の母親のような存在でした。
その彼女が事故死した後に5番目の結婚に反対したために、父と疎遠になっていました。

ところが3年後の今、5番目の妻が何者かに殺されてしまいます。
警察には疑いをかけられた父自身も命を狙われる事態に。
疎遠になっていたとはいえ、唯一信頼出来ると感じたイアンに、父が護衛を依頼してきます。
父親と大人になった息子が改めて向き合うという物語にもなっています。

財産を狙う容疑者は、3人の魔女こと別れた3人の妻、9人もの子供とその配偶者…
妻たちがなかなか美人揃いなのは父が面食いのせいでしょうかね。
警察の捜査は実効が上がらず、度重なる危機に、イアンがついに自分だからこそ出来ると家族の性格と心境を調べていくことを決意をします。このあたりポワロさんの探偵法を思わせます。
イアンの控え目な性格は、親たちの嵐のような結婚生活を見ていて物ごとに動じなくなったためというのが第一。第二は結婚して失敗するようなことがないように深い関わりを何に対しても持つのをためらっているためと自分で気づいてショックを受けるのでした。
家族の窮境や妄執も鮮やかに描かれていますが、その後にだんだんとそれぞれの心境が変化していくところがとても良くて、何度読んでも心地良いのです。

命を狙われるぐらいなら金を使ってしまおうと考えた父マルカムと凱旋門賞をはじめとする世界の競馬場を回る旅行も、思いっ切り景気が良くて楽しいですよ。
父親が黄金と為替を扱う大金持ちなので「黄金」というタイトルもピッタリなのですが、原題はHOT MONEY。
競馬用語で賭け金が大量に集まるあたりを指すらしく、競馬にはまっていくマルカムの様子からして、こちらもピッタリですね。

« ミニサンドでランチ | トップページ | 萩より、おはぎ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「黄金」:

« ミニサンドでランチ | トップページ | 萩より、おはぎ? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック