フォト

おすすめ本

« 人の心はしゃれたことをする | トップページ | 夏の宵 »

「裁かれる花園」

ジョセフィン・テイ「裁かれる花園」論創社

「時の娘」で有名なテイの1946年の作品。
このブログでもご紹介した「魔性の馬」の好評で刊行されることになったようです。

テイって体育教師だったんですね。
その経験を生かして~元体育教師のベストセラー作家ミス・ピムが探偵役。旧友が学長をつとめる名門の女子体育大学で講演するために訪問、卒業公演まで滞在することになります。
孤独がちなルーシー・ピムは若々しい生徒達に素直な好意を向けられて、幸せを感じるのですが、じつは卒業試験や就職問題でぴりぴりしている学内では、少しずつ問題が現れてきます。

名門の出で華やかなボー、群を抜いて優秀なイネス、ダンスが得意なラテン系のデステロ、おっちょこちょいのデイカーズ、クラスから浮いているが学長のお気に入りのラウス…
それぞれの行く道はどうなるのか?
学内の雰囲気や、生徒たちの個性が生き生きと描かれて、生々しいほど上手いです。
ここにもエオウィン(指輪物語の)やハリエット(ウィムジイ卿ものの)がいる、という気がしました。才能がありながら方向性に苦しみもがく女性が…
ミステリとしてはやや変わっているかも知れませんが、事件だけでなく人間の多面性を描いたノンシリーズの先駆というか~ポワロさんのように性格や心理を分析することで犯人がわかる、というタイプに入るかな。
ミス・ピムはもともと探偵ではない、巻き込まれ型なので~最初に犯人と判断した相手が違っていても、仕方がないのか…ちょっと、その辺見えてしまいますけどね?
「魔性の馬」の方が感じ良さでは上ですけど、これもなかなか読み甲斐はありました。
1946年にこのレベルですからねえ…
日本では若い女性達がどんな暮らしをし、どんな本が書かれていたでしょうか。

« 人の心はしゃれたことをする | トップページ | 夏の宵 »

コメント

他にも何かあったような気がしますけど、英国の女学校の体育教師といえば、クリスティの「鳩の中の猫」でしたっけ~?

それにしても論創社のラインアップは、まだまだ魅力的ですね

この本読みました~!
ひとりひとりの女子学生の個性がくっきり書き分けられていて、読みやすいですね。
意外な犯人も納得!で、ふうん、そう来るか~と思いました。ジョセフィン・テイは「時の娘」が、やっぱり面白いですね。

>Kさん、
「鳩の中の猫」わ~懐かしい、読み返してみようっと。
体育大学… 他に何があったでしょう??
若い女性の集まった時の熱気や、お茶の楽しさなど、色々面白かったです。
論創社のラインナップ、変わったのを集めてますね!何から読もうか、検討中です~(^^)

>marieさん、
犯人はじつはアヤシイと思ってました~。
でも途中の展開が色々予想外で。
全盛期ではない俳優は何のために出てきたのか…大人達の人間像も面白かったです。
「時の娘」はやはり傑作ですね!(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「裁かれる花園」:

« 人の心はしゃれたことをする | トップページ | 夏の宵 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック