フォト

おすすめ本

« 「裁かれる花園」 | トップページ | 「功名が辻(一)」 »

夏の宵

夏も眠いものですね…Vfsh2327Vfsh2328_2
細く窓を開けておくと、気持ちよさそう~にいつまでも寝ています。
こちらが仕事をしていると空気がせわしげで気になるらしく、たまに「にゃ」とか~抗議されます。
眠そうなたった一言に「またぁ~お仕事なんかやめなよ、お昼寝の時間じゃない~ゆっくりしましょ」といったニュアンスがこもっています。
Vfsh2329思わず一緒にお昼寝してしまったり…
次に動き出す時には「ご飯かな?」という期待のまなざしで見られます。

« 「裁かれる花園」 | トップページ | 「功名が辻(一)」 »

コメント

ぴんくの肉球がぷりぷりしてかわいいですねぇ。うちのはご存じ黒猫なので、肉球も黒いんですよ・・・。でも、この間エコーを取るためにお腹の毛を剃られたら、そこは豚みたいに白い肌なんでびっくり。全部刈ったらそれこそ別の生き物になりそうです。

sigeさん、
猫の肉球って可愛いですよね~(^^)
え、真っ黒なのに~お腹は白いんですか?
じつは黒い毛の下には全く別な生き物が…!?

うちのは足先の白い部分がまだらでしょ。白い毛の下に当たる指のあたりはピンクだけど、手のひらに相当する肉球は黒なんです。後ろ足のほとんど毛が黒い方は指も全部黒なんですよ。だからそういうものなのかと…
お腹の毛をかきわけて見たらお腹は白、背中はグレーっぽいみたい。かんぱ君もそうかな?(^^)

うちのピーすけは、なんともいえないごちゃ混ぜの毛色なんで、肉球までまだらです(笑)
全部黒のと、黒とピンクが混ざっているのとがあるの。
くりめはキジトラなので、全部黒、故・マゼンタじぃは茶トラでしたが、全部ピンクでした。
年取ったら、そのピンクの色も薄くなって、肌色みたいになってましたけど。
お腹はみんなピンク色、背中は・・くりめはグレーっぽい白。
ピーは・・・やっぱりグレーがかってるけど、白ですわ。
ぴー、協力ありがとう(冷蔵庫の上で寝てたのを起こした(笑))

今日はうちに来て初めてくりめをお風呂に入れました。
もうね、生まれて初めてなので、ものすごい騒ぎようでした。
洗うのがイヤだというのじゃなくて、あれはたぶんシャワーの音が怖いんだと思うんですけど。
シャワー止めて洗っている時は大人しいんですよ。
でも、シャワーを出すと、殺されるみたいな声で鳴くの。
ご近所の人がうちで動物虐待してると思わないかと、ドキドキでしたわ。
猫ってノミでも付かない限り、お風呂入れないよね。
散歩行かないから汚れないし、犬と違ってしょっちゅう自分できれいにしてるし。
みゅんちゃんやかんぱくんはお風呂入ってます?

しあんさん、
足の裏がまだら!?ぎゃー可愛い~(@@;
うちのはツートンカラーの手袋みたいなんですよ。
先代のくうちゃんは黒っぽいキジで肉球は真っ黒、くりめちゃんと同じですね~。
前に飼っていた白い大きなボスタイプの猫は肉球は可愛らしく全部ピンクでした!

みゅんは一度もお風呂入れたことないです~。入れる習慣のある人はビックリしちゃうかしら?
でも室内飼いだし、すごく綺麗好きなんで~自分で入念に舐めてるから、ぜんぜん必要ないの。

他のコは外へも出かけてたんで、土埃を拭いたり足すすいだりはしてました。たま~には洗うことも~。
足洗うと、風呂場に響き渡る大声出してくれちゃってました!虐待かって感じでしたよ、まったくぅ(^^;

やっぱり猫はお風呂入れませんよね、ふつうは。
ピーすけはくりめがしょっちゅう舐めてるので、いつもおしりまでピカピカです。
でも、くりめのことはやってあげないの。
自分がやって貰っている時におざなりに頭のてっぺんとか舐めてやるだけ。ひどい弟だ(笑)
なので、くりめってば、背中の真ん中とか、自分で届かないところがイマイチきれいじゃないのね。
ちょっとべたついた感じで、ブラッシングするとフケが・・・・(^^;)
ずっと気になっていたんですが、大猫を洗うのって大変なので、やってなかったんです。
予想通り、汗だくの大仕事でしたが、やってよかったですよ。
すっごいきれいになって、ツルツル。
しばらく怒ってましたけど、機嫌直ったみたい。
今はぐーすか寝ています。

肉球って、そんなに毛色に影響されるなんて知らなかった。トラキチは茶トラなので、肌色だったのでみんな基本は肌色かと思っていた・・・・・。
かんぱはこの間、シャワーに挑戦しました。さすが100匹のうち5匹に入るいい子というわけか、嫌がって逃げるそぶりはしていたけど、どうにか抱きながらだと大丈夫でしたね。そいういう時は噛みつかないです。あまり大きくないし。8キロあったときもトラキチは一応定期的に父が洗ってましたね。一緒に湯船に浸からせたこともあるようです。もちろん、トラは嫌がっていたけど我慢してあげていて、父だけがご満悦だったのだと思います。洗ったあとは毛がふわふわして気持ちは良さそうだけど、どうなんだろうか。

>しあんさん、
くりめちゃんはピーすけを可愛がってるのね~微笑ましいなあ(^^)
うちのは前に飼っていた大きな白い猫(名前はピーちゃん)が自分は無精で~私が拭いてましたが、娘に当たる猫が同居した時はお父ちゃんを良く舐めてました。ピーちゃんの方は一回ぺろっと舐めるだけ~!

みゅんは小さい頃一緒に育った姉妹猫が良く舐めてくれていたようで、今は自分だけでなくヌイグルミまで舐めてあげています。私が撫でると手を舐めてくれます。
身体柔らかいせいか背中もきれいよ~私が毎日何度も撫でてほぐしてるせいもあるけど。

>しげさん、
かんぱ君、お利口~!
やっぱり頭良いんじゃない?
うちのは皆お風呂嫌いでダメですよ。みゅんは水がかかりそうになっただけで途端に人蹴って逃げて、抱くどころじゃないです…
でも今日は暑いのでミニタオルを濡らして拭いてやったら、まんざらでもない様子。小さい頃はこれも本気でじゃれついてガッチリ絡んでしまうのでダメだったんですけどね。

最初の猫は父が洗ってましたが毎回大騒動でした。
トラキチくんもいいとこあるじゃないの? 仕上がりは気持ちいいって覚えてたのかな?(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の宵:

« 「裁かれる花園」 | トップページ | 「功名が辻(一)」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック