フォト

おすすめ本

« 杏、山百合、水辺の蛍 | トップページ | 「ブルー・ブラッド」 »

帯むすびの本

「帯むすびベストセレクト50」岩佐佳子(日本ヴォーグ社)

帯結びの本も色々ありますが~実用的でお手頃だと思います。
まずは第一礼装から、お茶席、趣味の装い、初春、単衣の場合、夏着物など、シーンによる着物と帯合わせの例がずらっとカラー写真で載っていて、とてもわかりやすい。夏着物の後ろ姿、すっきりとして綺麗なんですよ~。
それから詳しく、写真とイラストで、帯結びの解説に入ります。

二重太鼓から始まり、基本的な物は丁寧に。
お太鼓系の場合、お太鼓を前もって作っておくやり方なので、一人で着る時にはこれが合理的だと思います。
後ろに手を回してゴソゴソやるのは、初心者にはとっても大変ですからね~。

この本を買った時の決め手は、帯揚げと帯締めの結び方が一番豊富に載っていたこと! 実は、まず、お人形に結ぶためでした~。

« 杏、山百合、水辺の蛍 | トップページ | 「ブルー・ブラッド」 »

コメント

帯の結び方……本を何回見ても分からないんですよ。今度図書館で探してみます。
そろそろ浴衣のシーズンですね。今は半幅帯の変わり結びに挑戦しています。あれ、帯揚げを使わないからやりやすいです。

marieさん、
帯結びは難物ですよね~。私もわかった!と思うそばから混乱してしまいます(@@;
この本は図書館でいろんなのを借りてみた後で、買いました。
半幅帯は良いですよね~扱いやすいので、あれだけはナントカ出来ます!(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帯むすびの本:

« 杏、山百合、水辺の蛍 | トップページ | 「ブルー・ブラッド」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック