フォト

おすすめ本

« ブクログとBK1書評 | トップページ | 玄関の花 »

「獣たちの庭園」

ジェフリー・ディーヴァー「獣たちの庭園」文春文庫

ディーヴァーが歴史ミステリに挑戦した異色作。
1936年、ベルリン・オリンピックが始まろうという時、アメリカからナチス高官の暗殺のために送り込まれた男ポール・シューマン。
記者として選手団に同行、情報部のバックアップを得て、成功した暁には前科を消してまっとうな生活に入ろうとしていました。
殺し屋なのだが、仕事には倦みかけていて、妙に正義漢なところもあり、どっちへ転ぶかわからない~感情移入して良いのかどうか?

当時の制度をよく調べて、ナチス内部でしのぎを削る力関係を描き、ヒトラーはじめ有名な人物を間近で覗き込むような面白さがあります。
ターゲットの高官は架空の人物で、どうなるかはわからない…これも家族を大事にしていたり、すぐには正体がつかめません。
複数の殺人事件を調査するベルリンの警察官も重要な人物で、彼の視点からの追跡行も面白い。ナチスの横暴に悩み、息子をユーゲントに入れずにいたら苛めにあっていることを知る。
こっちも応援したくなるんです。すぐ傍まで迫るのにいつも逃げられるが、しだいに全体像が見えてきた時…?!

いつものディーヴァーのあざとさはなく渋めのタッチで、訳語もかなり硬いのは原著の言葉がそうなっているからか…?
でも、どことなく溌剌としていて、書くのが楽しそうなのがディーヴァー。
どんでん返しも読者の予想を裏切るという点ではなかなか、捻ってありますね。
キャラ設定はリンカーン・ライムのシリーズと正反対といっても良い、たくましい暴力的な男と知的な疲れた女、地位の高い悪人、初対面の信用出来ないスタッフ…
こういうのも書けますよってことで、気分転換になったんじゃないでしょうか~。

« ブクログとBK1書評 | トップページ | 玄関の花 »

コメント

へんな言い方ですけど、ディーヴァーにしては真面目な作品(!)でしたね。
そのぶんいつもの軽快なストーリーはこびがいまいちで、いつかあっと言わせてくれるのかなあと期待したまま終わってしまいました。主人公もちょっとつかみどころがなかったですね。

marieさん、
真面目!は良かったですねえ~。
いつものディーヴァーとは違う雰囲気なのが、一番のどんでん返し?って感じでしたね。リンカーン・ライムには出来ないことをさせてみた、っていうか。
スパイ物系だとこれぐらい、程度としては普通かな~ただ、他の人はあまりやってない手かな、とは思いましたけど。
いつもより地味にすると、どういう読者層を満足させられるんでしょうね。
日本だったら直木賞狙い?みたいな(@@;

ようやく読んだので、ここに来ることができました(笑)
やはり、いいんだけどちょっと期待とは違う、っていう評価で落ち着くのね。
ホッとしている場合じゃないんだけれど(爆)
今度は短編集へ行く予定です。
気長にお待ちください。

smashさん、
悪くはないんだけど、ちょっと…という(^^;
いつもの面々の方がらしさを期待出来るかな!?
あ、私も短編集まだ読んでないです~。楽しみが残ってました!

トラックバック、ありがとうございます~。
何だか頭が働かなくなってるだけなんです~~たぶん??@@;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「獣たちの庭園」:

» GARDEN OF BEASTS [SMASH HOURS]
獣たちの庭園 ジェフリー・ディーバー 文春文庫 ナチスドイツがヴェルサイユ条約を無視して、再軍備を進めていることに脅威を抱いたアメリカが、 それを阻止しようと一人の殺し屋をベルリンへ送り込む。 時は19... [続きを読む]

« ブクログとBK1書評 | トップページ | 玄関の花 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック