フォト

おすすめ本

« 本日はミックスサンド | トップページ | アスパラとハムとルッコラ~ »

「本当はちがうんだ日記」

穂村弘「本当はちがうんだ日記」集英社

1年ぐらい前にエッセイを2冊読んで、メチャ面白かった!
私にとっては3冊目のこの本も面白いです~。
今の自分は本当の自分じゃない、まだリハーサルなんだと感じていた作者がある日、気づいたのは…

文章は前に読んだ物よりも端正な気がする…字体や装丁のせいもあるかな。 
内容はいかに風変わりで世間知らずでモテないか、みたいな話なのはいつものことですが~時々ぷっと吹き出してしまうことがあって、幾つかは当分忘れないでしょう。
30まで電車の中で平気で「オリーブ」を読んでいたとか。
嘆いていると「うじうじしてて可愛い、って人もいるわよ」と慰められたりとか。
そんな息子にお母さんの寄せるとんでもない夢とか…

小学生の時にあだ名が付いたことがなく、中学では長い夏休みにすることがなくて、連日本屋で6時間立ち読みするなど、ちょっと子供時代の孤独はすごいものがあります。天才ゆえでしょうか。
でも今は「ミック・ジャガーと僕のどこが違うんだろう」と口走ったら笑ってくれた友達もいるしね、大丈夫だよね…と見守る気分に入ってしまうわ。

ところが、そのうち「妻」がいきなり出てくるんですよ!
んま~。熊が出てきたら僕を守ってくれるような理想の女性を見つけたのかしら?
全体としてある意味、一つの詩のようにも読めて、さすが才能ある人なんだわ~と感動。
本業のをちゃんと読んだことないんですが…BSの列島縦断・短歌スペシャルに出演していた所を半分ぐらい見ましたが面白かったです~。出したお題が「臍(へそ)」ってのがまた(^^)

« 本日はミックスサンド | トップページ | アスパラとハムとルッコラ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「本当はちがうんだ日記」:

« 本日はミックスサンド | トップページ | アスパラとハムとルッコラ~ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック