フォト

おすすめ本

« プロジェクト・ベルばら | トップページ | 黒猫のクロ »

本日のティータイム

アフタヌーン・ティールームで、栗とさつまいもとバナナのモンブラン。

VFSH1135紅茶はダージリン、さすがにダージリンの味と香りがします。
ほのかに残る苦みと淡いマスカット・フレーバー。
大荷物を抱えてどっと疲れが出た頃合いに、しっかりいただきました(^^)


VFSH1137モンブランは今年あまり食べていなかったなと思って。
さつま芋も入っているあたりが~晩秋の味覚ですね~(^^)
口当たりがまったり、とろり、ふわふわと色々あって楽しめます。

チョコレートケーキ部分はきめが細かくて、コーンスターチ入りかな?
ボリュームありますが、味はほとんど甘くない、ごく自然の甘み。
「甘くない」っていうのが褒め言葉になるのは、日本だけだそうですが。
ご飯って口の中で甘くなるから、甘い物はわりと足りてるのかな~?

« プロジェクト・ベルばら | トップページ | 黒猫のクロ »

コメント

>「甘くない」っていうのが褒め言葉になるのは、日本だけだそうですが。
そうだったのですか!
初めて知りましたが、なんとなくわかる気がします。
和菓子とか、和三盆をはじめとする味わいが異なる砂糖を使いわけていますものね。
日本人に生まれてよかった(^^)v
きび糖も、いいですよね♪

smashさん、こんばんは。
控えめな甘みって美味しいですよね~!
砂糖類も本当にいろんな種類がありますよね。最近知ったばかりのもあります…風味が色々違ってて。
和三盆が口の中でとける感じも良いですね。
きび糖も舐めてみると、美味しいし~
よくぞ日本に生まれけり、ですよね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日のティータイム:

« プロジェクト・ベルばら | トップページ | 黒猫のクロ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック