フォト

おすすめ本

« 「駆けぬけて、テッサ!」 | トップページ | 「罪の段階」 »

「時の旅人クレア」

「時の旅人クレア」ダイアナ・ガバルドン(ヴィレッジブックス)

第二次大戦終結直後、二度目の新婚旅行にスコットランドに来ていたクレアは、ストーン・サークルで意識を失い、なんと18世紀にタイムスリップしてしまう。
夫の先祖に当たるそっくりな男に捕らえられ、思いがけないクレアの大冒険が始まります。
従軍看護婦だった経験を生かして助けた若者との間に恋が生まれますが…
この若者が良い奴で(^^)

原題は「Outlander」
あちらで大ヒットしたのもうなずける波乱万丈の物語です。
作者は大学で教えている人で、確かな知識の裏づけがあり描写が詳しい。
その上にロマンス作家顔負けの生々しい感情表現が加わっているのです。
フルコースの後にデザート選び放題といった趣(^^)

「時の旅人」というとアリスン・アトリーの佳作もありましたっけ。
少女が主人公で、古い館内での物語。幻に迷い込むような雰囲気があって、素敵でした。
ゼンゼン趣は違います…(^^;

« 「駆けぬけて、テッサ!」 | トップページ | 「罪の段階」 »

コメント

こういう物語って、スコットランドが舞台って言うことが多いですね?
やっぱり「妖精の住む国」って言うイメージなのかなあ。
たった一度ですけど訪れた風景は、なんだか宮崎駿の世界を思わせるものでした・・・・
あ~、もう一度行きたい・・・・

スコットランドにいらしたことあるんですよね。
そんなに良い雰囲気ですか~羨ましい~(^^)
霧の立ちこめるストーンヘンジって想像しただけでもうっとり…
あのあたりが異世界と繋がっているんですね!(^^;

こちらでは初めまして。

これ面白いのですか? いぇ表紙カバー写真を見て気になってたんですが、ハーレクインだし、けっこう無茶苦茶な設定だったから、気になりつつも手が出せないでいたんです。sanaさんお勧めでしたら安心して手を出してみようと思います。

土曜日に友人とひょんなことから「実はヴィレッジ・ブックスとかミラブックスとか結構おもしろいよね」って。
ベタな話しが多いんですけど、ツボをついているのでつい…と盛り上がったばかりだったので。
私ひそかにリンダ・ハワード好きですわ。

由比さん、いらっしゃいませ~(^^)
この作品はだいじょうぶ、書き込んであって面白いですよ!
リンダ・ハワードって読んだことあるかなあ…
お薦め、あります?

こんなに出遅れてコメントするのもなんですが、タイムスリップ恋愛ものというので本編は購入を躊躇していたのですが、外伝のような「緑のドレスの女―ロード・ジョン・グレイ」の方は推理小説時代風が面白かったので(<-おススメ!)、すでに何巻もでている「アウトランダー」シリーズも読むかどうか迷っているところです。

そして奇遇にも、アリスン・アトリー「時の旅人」は実はamazonであんまり薦められるので2週間ほど前に買って読んだばかりです。主人公の少女の虚弱ながらも確固とした個性と田園生活賛歌と史実がリンクするあたりが英国的かなと思いました。

Kさん、
これは大丈夫ですよ~!
おっ、「緑のドレスの女」ももうお読みになってるんですね(^^)
アリスン・アトリー、良いでしょう~。ちょっと他にない味わいで。
amazonにあなた向きだと薦められたんですか? 鋭いかも…

ついででなんですが、リンクさせていただいてます。よろしく~(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「時の旅人クレア」:

« 「駆けぬけて、テッサ!」 | トップページ | 「罪の段階」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック