フォト

おすすめ本

« 聴きながら読む「のだめ」 | トップページ | 桃のスイーツ »

アメリカとカナダのアイスダンス

のだめに続いてフィギュアケートのことを色々書いてしまったので、続けます。ちょっと仕事の締め切り前なんだけど…6大会あるISUグランプリシリーズが始まっているので…。

第一戦のスケートアメリカは10月20~23日、第二戦のスケートカナダは10月27~30日にありました。放映が遅れるので、ややこしいんですけど…

第三戦の中国杯が11月3~6日で、今日の夜7時台から、大注目の女子の試合がある前半部分を放映するので、かなり追いつくわけです。(追記:普通2時間枠で2種目続けて放映するのですが、今日は1時間弱で女子だけでした。特別ってことですね。他の種目は平日にやる模様)

その前にアイスダンスの話題。というのは、スケートアメリカとスケートカナダでは出場選手が見事に違い、今シーズンの新しいプログラムを楽しめたんです。でも中国杯まで見ちゃうと印象が薄れそうだから…

アメリカでは順当に地元アメリカのベルビン&アゴスト組が優勝しました。タニス・ベルビンはディズニーのお姫様みたいにチャーミングな人で、テレビのアップが多いと司会者も言うほど。大人っぽさをくわえて深みを増した表情で、シャープで正確な演技を心がけているようでした。

2位はフランスのデロベル&ショーンフェルダー、この組は斬新なリフトが面白いので、いつも楽しみ。SPは黄緑の大胆なラテン系の衣装でベルビンと違う個性を強調?… フリーはヴェネチアをテーマに、黒と紫の衣装で魅了してくれました。手袋を裏返すと仮面にも見えるという凝りよう(^^)

3位はロシアの若手。この辺のクラスになると多いので… まだはっきり区別ついてません…

カナダ大会の1位は地元のマリー・フランス・デュブルイユ&パトリス・ロウゾン。SPは笑顔で情熱的に、フリーではゆったりとエレガントな演技がとても素敵でした。フリーではひらひらする長袖の白いドレスの彼女に、彼も白いシャツにベージュのセーターを重ねたような今時珍しいクラシックなスタイルがよく似合っていました。

(何故ここだけフルネームなのかというとご贔屓なのと、マリーフランスと言わないと名字が出てこないんで。)

2位はグルシナ&ゴンチャロフ。結婚して10年というカップルで、実力は十分なのですが、個性の強い他のカップルの間に印象は埋もれがち。SPはきびきびしたステップが良い出来で、これだけなら1位でした。

3位はグレゴリー&ペチュホフ。ロミオとジュリエットで、ピンクとえんじの衣装も可愛らしく、綺麗にまとまっていました。アメリカの組だけど男性はロシア系かな? (ロミジュリを聞くと、ボリショイのティボルトを思い出してしまうんだけど)

カナダの男子は大波乱、特に一番楽しみだったジョニー・ウィアーが途中足首を痛めてしまったのは残念です。もうGPFには出られないだろうし…オリンピックも危ういですね。気の毒…(@@;

« 聴きながら読む「のだめ」 | トップページ | 桃のスイーツ »

コメント

さすがはsanaさん。ほんと目に浮かぶようです。
浅田真央さん、ニュースで見ただけですけど、なんとまあかわいらしい。荒川静香さんを抜いて2位というのはすごい。先が楽しみなお嬢さんですね。日本の選手層は厚くて、お姉さんたちもうかうかできないんですねえ。
わたしはフィギュアではペアが一番好きです。もともとバレエが好きだからでしょう。

marieさん、ありがとうございます。
さっそく3回も…! ちょいとシンプルにしておきました(^^)
真央ちゃん、のびのびくるくると滑っていて可愛らしかったです~。荒川さんも良いプログラムなんですが、重圧かかって大変そうですねー。

二人で組むスケートは面白いですよね。男女二人でとるポーズが次々に新しいのが出て、しかも優雅でしかも難しいのがこれほどたくさんあるものかと感心します。
ペアだともっと大技がありますが、アイスダンスは綺麗ですよねー(^^)

浅田真央ちゃん、ほんとに可愛いですね~。
お人形みたい。
私のごひいきは安藤美姫ちゃんですけど、彼女は出ないのかしら・・・グラマラスで魅惑的な感じが日本人離れしてて、ぱっと見ただけで、なんだか訴えてくる感じが有るように思います~。
どの人もこの人も、個性的で、スタイルが良くて、見てて楽しい。みんな頑張れ~。

真央ちゃん、伸び盛り!でしたね。15歳なので無理に大人っぽくする必要はまったくありませんが、ティーンエージャーにしては幼すぎる振付とフリーの衣装は、早々にどうにかならないかな?

荒川さん、ジャンプの回転不足等々のマイナーミスを除けば、スルツカヤにスコア差ほどには負けてないんじゃないかなと思いつつ、先季から回転不足をとられてるのが不安材料ですが、早めに課題が分かったのでこれからの調整に期待。
この辺の争いは、アピールできてナンボの採点競技ならではで、演技中よりも結果が出てからの方がダメージがあるというか、大変ですね。

アメリカ大会、ダンスで3位になったのは、ドムニナ/シャバリンで、毎年期待してるんですけど、きれいなのに地味で、今頃ベルビン(髪の赤い花が似合ってましたね)達やデロベル達(FDの衣装も凝ってて素敵)に肉薄していて欲しかったのですが、差を詰まってる気配がしません。(ベルビンのフリーレッグ以外は、どこも好きなんですけど)

カナダ大会では、グルシナ達が3シーズン前のナフカ達(今期のナフカ様のODは水色の縁取りのある豹柄!!!)と同じ曲で、手や上体の動かし方も似たような蛇女タイプだったのですが、これはこの曲のお約束なのかしら(クワンもそういう振付だったし)?グルシナのメイクはロシアのお伽噺のようで、好印象です。
男子は、バトル君のSPがとにかくカッコよかったですが、きれいな4回転もやっぱりみたい。

> なぎ様
安藤さんは、11月最終週のカップ・オブ・ロシアと12月のNHK杯に出場予定です。順当にいけば、GPFに残れそう...
http://www.isu.org/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,4844-136494-137802-nav-list,00.html

なぎさん、
真央ちゃん、オルゴールの上のお人形みたいですよね(^^)
今の選手は外見もなかなか綺麗なので、あとは個性の生かし方かな。
安ミキちゃんは11月末から登場します。はつらつとしてて良いですよね。今のところ一番安定してると思います~。

グランプリシリーズというのは6大会のうちのどれか2大会、割り振られたのに出場するんですよ。その結果でファイナルに出られるかどうか決まるし、今年はオリンピックの参考にもなります。
Kさん、情報ありがとう(^^)

>Kさん、
真央ちゃんは怖い物無しですよねー(^^)
ジュニアだと年長だったので14歳にしては大人っぽすぎるのを着ていたと思うの。今の方が15歳らしいんじゃないかな…
まだ先が長いし、オリンピックに出ないので幼く見られても損がないから、印象に残るようにしているのもあると思うんで、来年から変わってくるんじゃないかしら?

ドムニナって顔は覚えてるんだけど…… まあこれからでしょう!?
グルシナ組はナフカ達みたいだなあと思いました!今度比較してみようっと。確かにメークは今までで一番似合ってるような。
クワン!…蛇女風のありましたね、そういえば。曲覚えてないけど(^^;
ベルビン&アゴストも綺麗でいいんですが、琴線に触れるものがなぜかあまりないのよね…そうそう、まとめて花をつけた髪型は良かったです(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカとカナダのアイスダンス:

« 聴きながら読む「のだめ」 | トップページ | 桃のスイーツ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック