フォト

おすすめ本

« 意外なところに義経が | トップページ | 忘れられた英雄の物語 »

子供向けのシェイクスピア

ゲアリー・ブラックウッド「シェイクスピアを盗め!」白水社

時はエリザベス一世の時代のイギリス。
孤児院から引き取られ、速記を発明した博士に仕込まれた少年ウィッジが、シェイクスピアの戯曲を盗み取ろうとする悪巧みに巻き込まれます。
著作権が確立していない当時、出版される前の戯曲を他の劇場でも舞台にかけることが出来れば、大きな儲けに繋がるのでした。

ウィッジを金で買った雇い主に脅されて、仕方なく劇場の周りをうろちょろするうちに、意外な成り行きで役者仲間に加わったウィッジが、しだいに自分の居場所を得ていく…
劇場の裏側が子供の視点で面白く描かれています。
「恋に落ちたシェイクスピア」の子供版みたいな~

青少年向けでやや軽めですが、続編もあるそうなので楽しみ。

« 意外なところに義経が | トップページ | 忘れられた英雄の物語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供向けのシェイクスピア:

« 意外なところに義経が | トップページ | 忘れられた英雄の物語 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック