フォト

おすすめ本

« 好きな作家のこと | トップページ | 猫はいつも見ている »

持っている本

持っている冊数はちょっとわかりませんが、私の部屋には木製の背の高い本棚が4つあります。
中学の時の物から、数年ごとにだんだん増えてきました。押入の上段にはコミックスがぎっしり。
廊下にはスチール製の本棚、裏の納戸にはカラーボックスが数個あります。

10年ぐらい前まで、本はこの中に収まっていたから、まだ良かったんですが。
それから増えて、時々雑誌などを減らしてもまた溢れ出して…もう床にただ積んであるのもありますね。
猫の寝る場所や遊ぶスペースを確保しているので、足の踏み場はちゃんとあります(^^;

冊数なら小説の文庫が一番多いと思いますけど~これは図書館で借りやすいので、もう極力買わないことにしています。買うとどうも捨てられなくて…
一大決心をして10冊ほど古本屋に持って行ったらゼンゼン値段つきませんでした。

部屋に置いてるのは、画集、写真集、絵の描き方などの本、絵本、ポーズ資料、映画の本、服飾史関係の本など視覚的な物が多いです。
服飾史だけでも30冊以上あるでしょう。まあこれが専門?のようなもので…

どこかに本を持って避難するとしたら~京都服飾財団の展覧会のパンフと、玉三郎の写真集を持って逃げますね…
フランシスやクリスティなら、また手に入りますから(でもやっぱり数冊は持って行きたいかも…)

無人島に持って行くなら、もっと実用的な本が良いと思うけど(^^;
…あっ、フランシスの「標的」ならぴったりかも…主人公のジョン・ケンドルが書いたサヴァイヴァルの専門書があったら最適ですね!

« 好きな作家のこと | トップページ | 猫はいつも見ている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持っている本:

« 好きな作家のこと | トップページ | 猫はいつも見ている »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック